【疑惑の真相】ヒラリーの耳にイアーピースか?

hillary-clinton-walks-out-of-interview-after-question-about-losing_grande

出典:conservativeoutfitters.com

先日、2016年9月7日に行われた大統領公開討論会の壇上で民主党ヒラリー・クリントンが討論中にイアーピースを装着していた疑いが浮上した。

果たしてこれが事実なのか。

世界中のインターネット上で、疑念が渦巻いている。

経緯と疑惑の画像

疑惑が浮上したのは今月9月7日、ニュースサイトTRUE PUNDITが記事の中でヒラリークリントンが水曜日に行われた最高司令官フォーラムで彼女がイアーピースを装着していたと思われる画像と2016年大統領選挙キャンペーンで彼女の副委員長を務めるヒューマ・アベディンが送った彼女宛に送ったEメールを記載したことで、インターネット上でこのことをめぐって論争が起きている。

以下は、その疑惑の画像である。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-10-22-21-14

出典:memoryholeblog.com

huma-earpiece

出典:thegatewaypundit.com

ニューヨーク市警察はNBCの警備によるとヒラリーが感知性のイアー・ピースを装着していた事を確認していると発表。

これはブロードウェイなどの舞台裏で出演者などに指示を送る時に使われる技術であり、ワイヤーなどを必要とせず、皮膚色と同色なため見分けにくく、シークレット・サービスなどが要人保護のためなどにも使われる。

しかも、ヒラリーが装着するイアーピースはさらに小さな構造なため、とても高価なもので、耳の内側にはまるように作られており、3mmほどで真珠大の構造。通常、このサイズでの作りは法執行機関や企業のセキュリティチームで使用されるものだと専門家は述べる。

また、この事件はリビアのベンガジやエジプトなどでアメリカ外交大使が襲われた事件についての討論でも使用されたと目されている。

さらに、アメリカのベテラン俳優、ハワード・ジェームス・ウッズがウィキリークスのツイッター上で画像と共に ”イアー・ピース….?’’とつぶやき、続けて2016年ヒューズ・アベディンの画像をあげ、つぶやきの中で「彼女は周りのサポートがなければ、嘘さえつけない」と酷評した。

LAS VEGAS, NV-JUNE 11: Actor James Woods poses for photographers at the Vegas Magazine 2nd Anniversary Party on June 11, 2005 in the Green Valley Ranch Casino in Las Vegas, Nevada. (Photo by Bryan Haraway/Getty Images)

出典:thewrap.comよりジェームズ・ウッズ氏

このハワード・ジェームズという人物。マサチューセッツ工科大卒。嘘か本当かIQ180の持ち主であり、ブロードウェイ舞台役者としても活躍し、1972年から映画俳優として活動。2016年カリフォルニア州、共和党大統領戦に出馬したが、保守派で強硬路線のテッド・クルーズに敗北している。

まとめ

画像を見る限りでは確かに、ヒラリーの耳にイヤーピースの様なものが装着されている。また、ヒューマ・アベディンに送ったこのメールが真実であれば十中八九揺るぎない証拠となる。

ハワード・ジェームズは元々、ブロードウェイでも活躍していたのであれば、彼もこの種のイアーピースを使用していたため、今回の疑念を抱いたのも納得できる。

ただ、彼は共和党立候補者である。民主党に良い思いがない事も事実だろう。

私見だが、情報だけで判断する限りは限りなく黒に近い。

余談ではあるが、ベンガジ事件であるように米国が昔から国民を欺くのに用いてきた映画やマスメディアを使った国民に対する詐術は今なお行われている。

これは、米国の大衆操作の歴史を汲む、日本においても同様な事が起きていると考えるのが自然だ。

皆さんも新聞やテレビなどの耳障りの良い情報を慎重に取捨選択していただければ幸いである。

興味があれば以下のケント・ギルバート氏の著書を見ていただければと思う。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク